川崎ー鹿島をプレビュー!!疑惑の判定も!?

Jリーグ
ブログランキング参加中!クリックお願いします!!(^^)!

2-1で川崎が勝利でしたが、怪しいジャッジ…双方の選手が良いゲームを演出しますが、残念ゲームになってしまいました。敗戦となった鹿島はフラストレーションが溜まる中で善戦。次節での爆発が怖いです。

誤審であった場合にはJリーグから審判への対応を期待したいところですね。

川崎が2-1で勝利も遺恨が残る

【公式】ハイライト:川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ 明治安田生命J1リーグ 第2節 2020/7/4

鹿島としては前半序盤にボールロストが続いた事によって、主導権が川崎に。サイドアタックへの対応の甘さが目立ちました。試合巧者の川崎なので、そのイニシアチブを渡すことはありませんでした。

ジャッジに一抹の遺恨が残ったように思えたゲームですが、川崎の2点目。長谷川選手のゴールは内田選手の背後をついた非常に美しいトラップ。そしてゴールでした。

ポイントはVAR

川崎 ギリギリを攻めた

前節はVAR判定でオフサイド、ノーゴールとなった川崎です。今回もギリギリを攻めた結果が勝利につながったと思います。

谷口のdfとしての決定力の高さが目立ちました。仮にもう少し、後ろに構えていても相手選手の裏をついたいいポジショニングであったことは間違いありません。

鹿島 すべては前半序盤に。

前半早々の失点が大きく響きました。映像では斜めなので、はっきりとはわかりませんが、大分オフサイド臭い失点です。

審判が川崎寄りと言われても文句は言えません。個人的な感覚でも川崎寄りに見えましたが、審判がオフサイドをあげなかった時点でノーオフサイド。後半のゲームを前半からできていれば勝者は鹿島だったように思えます。

苦しい立ち上がりになりました。

ゴールシーン、チャンスシーン振り返り

川崎 長谷川の決勝ゴール

このゴールは技ありゴールですね。家長のサイドチェンジも視野の広さも素晴らしいですが、それ以上に受け手であった長谷川の判断が光りました。おそらくですが、鹿島の内田は川崎の9番、家長のカットインを警戒。

後ろへの警戒がないとみるや、長谷川選手は即座に前進。この前進がなければゴールに直結することもなかったはずです。その後のボールの置き所、シュートの判断も冷静かつ鋭いものでした。

鹿島 ここでも笛が…

後半になってようやく落ち着きを取り戻したように思えます。特に攻撃のスイッチを入れられる遠藤選手の投入後がすごくいいサッカーをしているイメージです。それまではサイドアタックと個人技での打開しかないイメージがありました。

サイドからの展開もよかったのですが、染野のポスト直撃などアンラッキーが続きました。染野のPK疑惑もありすっきりしないゲームでした。個人的に気になったのは戦術、システムの不一致。川崎の田中が比較的フリーでプレーできていたように見えました。鹿島らしいDFができなかったように思えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました