対湘南戦(ホーム戦)を振り返る。~両チームの良さが活きた好ゲーム~

2021J1リーグ本戦
ブログランキング参加中!クリックお願いします!!(^^)!

こんにちは!ふわっとひと蹴りです。

今回はJ1リーグ2021 湘南ベルマーレとの一戦を振り返っていきます!

久しぶりの更新!

新型コロナワクチンの副反応や本業の多忙などなどで更新がしばらくできませんでした。

大変申し訳ないです。

 

では早速!

今回の札幌ー湘南をプレイバックしていきます。

当ブログのJリーグ版は北海道コンサドーレ札幌の試合やサッカーの話題を中心に

楽しかった試合を共有したいという思いで運用しています。

コメント欄を皆様のコンサドーレ愛でいっぱいにしてくれると嬉しいです😊

新着記事

対清水戦(ビジター戦)を振り返る。~基本的には大満足の一戦だったが……~
対湘南戦(ホーム戦)を振り返る。~両チームの良さが活きた好ゲーム~
まさかの連戦……!!セレッソとの連戦を振り返る!~対照的な2試合を考察した~
北海道コンサドーレ札幌の2021Jリーグ杯(YBCルヴァンカップ)が終了。ジャッジに不信感を持ってしまったFC東京戦2ndlegを振り返る
スカパー問題!ルヴァン1回戦2ndlegが放送されるのか!?をまとめてみた!

札幌の良さが随所で光る

金子→菅→青木 1点目の動き

https://twitter.com/fuwatto1keri/status/1455798229333790734?s=20

まずは得点の場面。

このゴールこそが札幌らしさ。ミシャらしさがつまったゴールだったと思います。

右WBの金子選手から左WBの菅選手へとボールが通る。

大きなサイドチェンジに成功し、相手守備の陣形を左右に振ったことでセンター付近がフリーになる。

ミシャサッカーらしい得点だったように感じますね。

この大きなサイドチェンジこそが真髄。

この大きな展開に面白さを感じました。

それに、会場にいたからこそ分かったこととして、

札幌の選手の視野の広さも注目すべき点だったかなと思います。

会場で見ると、テレビで見るのとは違って、ピッチ全体を俯瞰的に見る事ができるのですが、

鳥の目線で「あ~。あそこが空いてるな~」、「あそこに出せば面白そう」

と思っていると、そこにボールが通る!

これがものすごく面白かった。

そしてどんなに難しい状況でも、そこにボールを渡せてしまう技術の高さにも脱帽です(笑)

前半は相手に仕事をさせない徹底されたプレッシング

特に前半の守備。

ミシャのオールコートマンツーマンと前線からの守備の使い分けがあまりにもすごい!!

GKを除く10対10で全ての選手にマークをつく場面もあれば、

あえて誰かがカバーリング専門に回るなど、守備のバランスが非常によかったように感じました。

特に誰かがカバーリングに回っているのにも関わらず、ロングボールをチョイスせざるを得ないような守備の仕方があまりにも美しい。

例えば、福森選手がカバーリングを考えているのかな?

と思える場面では、前線が左側からプレスを開始。

右へと展開せざるを得なくさせるなど、ピッチ上の11人が全て目に見えない連携が取れているようにも感じました。

使い分けの練習もしているのかな?と感じる守備の仕方。

70分間では無敵と呼ばれた札幌のプレッシングサッカーが、この使い分けで90分間無敵になる日も近いかも知れないとも。

期待しちゃいます。

今回の失点に関しては、誰かの責任というよりは、あまりにも湘南の崩しが美しすぎて。。

何も言えないですね(笑)

選手個々を見る!

いるだけで驚異の存在「ジェイボスロイド」

ふわっとひと蹴り on Twitter
“ジェイが見たい!! #consadole”

後半の札幌の主役は間違いなくジェイ選手ではないかなと感じます。

そもそもとして湘南のDF陣は平均身長が低いため、一般的にジェイ選手のような大型ストライカーにとっては相性が良いというのもありますね。

実際にジェイ選手投入後の湘南と、投入前のジェイ選手ではまるで別物のような守備を引かれたように感じました。

それまでは距離を取ってスピードを警戒するように見えた湘南守備陣が、できる限りジェイ選手を挟み込むような形で数的優位を作ろうとしているように。

それだけ驚異的な存在であるという事なのかなと思います。

ディフェンスも全体的にジェイ選手に向かってよっているような陣形にも感じられました。

ジェイ選手の投入のタイミングで、よりサイドの1対1で強みを見せられる選手がいれば、面白かったのかなとも。

このタイミングでルーカス選手のようなサイドのドリブラーがいればと妄想してしまいました

ジェイ選手のエアバトル、おとりの動きをより効果的に使える。攻撃での見えない連携を取れるようになればもっと面白くなる。

そんな気がしてワクワクできる存在であったと思います。

右サイドの支配者「金子拓郎」

https://twitter.com/fuwatto1keri/status/1455798726807601157?s=20

この試合でもっともいい意味でヤバイと感じたのは金子選手ですね!

ボールを持てば、何かをしてくれるのではないかなと感じさせてくれるゾクゾク感。

実際に金子選手を経由した攻撃は、シュートかクロスという最終局面まで試合を作りあげてくれる回数が多いです。

自力でも突破可能な選手ではありますが、田中選手のサポート感がよりはまりだしているような気もします。

湘南が一番手を焼いているように見えたのも金子選手への対応かなとも。

湘南戦での相性はやっぱりいいですね。

今回はゴール、アシストはつかなかったものの、その決定機を作り上げる形までをメイクした姿といい。

この試合での存在感は別格にように感じました。

裏取りも中々はまってきていて、オフサイドの回数もここ数試合で急激に落ちています。

絶妙な駆け引きで裏を取れてしまうのも面白い存在だなと思いました。

まとめ

https://twitter.com/fuwatto1keri/status/1455822141694251009?s=20

個人的な感想としては

ものすごく面白い一戦だった!!

と感じました。

確かに後半でのペースダウンは気になりましたが。それもサッカー。

単調になってしまうというのも事実ではありますが、今回の場合は後半にエアバトルで圧倒できるジェイを入れた理由がそれではなかろうかと感じました。

両チームともにファンタスティックなゲームを展開してくれた。

ある意味では1ー1は妥当な結果かなとも感じます。

そんなことよりも、ホームでゴールが見れたことがなによりもうれしかったです()

なお今回の旅での事件は8000万円事件です(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました