小野伸二選手の電撃復帰!最高のお年玉!

Jリーグ
ブログランキング参加中!クリックお願いします!!(^^)!

コンサドーレ2021オフィシャルガイドブックのご予約はこちらから!

(3月6日に発送予定となっています!)

日本サッカー界最高峰のファンタジスタと言えば、間違いなく小野伸二選手の名前を挙げる人は多いはず!北海道コンサドーレ札幌では多くの若手に多大な影響を与え、今ではJリーグトップレベルの選手を誇るチームへと成長させました。

2019年にはJ2のFC琉球へ移籍。欧州サッカーを彷彿とさせるセレモニーも行われました。年齢的にはベテランですが、今なおテクニックは色あせないですね!

今回の移籍で見えてくる札幌の狙いを個人的な目線で考察してみました!

【公式】ゴール動画:小野 伸二(札幌)16分 北海道コンサドーレ札幌vs大宮アルディージャJリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第3節 2017/4/26

『エックスドメイン』は格安のドメイン名取得サービス!!

当サイトでも使用しているXserverさんのドメイン取得サービスになりますね!

.com.netなどの定番ドメインが年額200円から(税抜)取得可能!

通常では定番ドメインはかなりお高めなので、すごくお得です!

DNSレコード編集機能やWhois情報代理公開機能など、ドメインの運用に十分な機能を標準で備えています。

ブログ解説が初めての人も玄人の人もストレスなく使用できるだけのものになっています!

どれもこれも北海道コンサドーレ札幌の選手を深く知る上で必読の書と言えますね!

前育主義は金子拓郎選手と岡村大八選手のファンなら必読の一冊!

新戦術レポートはミシャ式マンツーマンについて記載されていますね!

ジュビロ磐田の通訳~の中にはなんと!ジェイ選手が普段から使用する英語が紹介されています!厚別での練習見学前に読んでおくと面白いかも!

FC琉球での活動

FC琉球から子供たちへ『夢メッセージプロジェクト』FROM 小野伸二

①沖縄にサッカー文化を根付かせようと奮闘

小野選手の退団が発表されたのは2020年のクリスマスのころ。FC琉球としてはとてつもない衝撃だったのではないでしょうか。退団の理由は不明ですが、琉球を好きであったのは間違いなさそうです。

沖縄がサッカー王国になる事を心から祈るというようなコメントを残していたようなので、琉球では充実した日々を過ごしていたのではないでしょうか。

小学校を訪問し、パスやリフティングを披露したようです。子供たちからすごい歓声を浴びたようですね。

私もその場にいたら、歓声を上げるどころか感激のあまり動けなくなるかもしれません(笑)

求められる役割

#小野伸二に聞きたい44のこと

①若手への刺激、ベテランとして試合を締める。戦う集団の空気づくり

前述した通りに札幌の今の主力選手たちを導いたといっても過言ではない選手だと思います。そして現在の札幌は、大卒トリオをはじめ優秀な若手が多いですね。

ここに小野選手が加わることで、とても良い影響がでるかと思います。ここ最近では動画配信で美しすぎるトラップなどを公開していましたね。

あの動画だけで大反響であった事を考えると、実際の技の一つ一つを生で見られる事のプラスはとてつもない貴重な機会になるのであろうことは想像できます。

ミシャ監督の効果でここ数年は優秀な若手が次々加入。そこに小野選手の練習風景をほぼ毎日、見る事ができるとおもうと、どれだけの選手に良い影響を与えてくれるのか。想像するだけで鳥肌が立ちます。

②前線からの守備ができるMFの底?もしくはWB?

TOP 10 GOALS | Shinji Ono

トルシエ時代ではWBをやった経歴をもつ小野選手です。一般的にはセンターラインの選手と思われがちですが、戦術によっては中央、サイドと関係がなくなります。

爆発的なスピードを求められると思われがちなサイドの選手ですが、現代サッカーにおいては必ずしもスピードが必要なわけではありません。例えばフィーゴなどスピードがなくても、世界のトップで戦った人も多いですね。

今の札幌はオールコートマンツーマン。スピードよりも1対1の強さ、戦術のマッチ度が求められるだろうと思われます。その点ではWBでも活躍できるのではないかと思いますね。

もう一つの候補としてあげたいのはシャドーの位置。ここのポジションは駒井選手や荒野選手をはじめ、前線からの守備ができるかにかかっていますが、2020年5月の記事でフェイエノールト時代の指揮官は守備もうまかったと語っていますね。

十分にシャドーでの起用もありえるのではないかなと感じます。

 

コメント

  1. […] ▼小野伸二選手の電撃復帰!最高のお年玉! […]

タイトルとURLをコピーしました