TM川崎に3─14の大敗。北海道コンサドーレ札幌の収穫点を考察してみた!

Jリーグ
ブログランキング参加中!クリックお願いします!!(^^)!

川崎Fが札幌相手に14発「得点への意識大事」監督 - J1 : 日刊スポーツ
昨季リーグ戦と天皇杯で2冠に輝いた川崎フロンターレは13日、キャンプ地の沖縄で北海道コンサドーレ札幌と練習試合(45分×4本)を行い、14-3とJ1王者の底力… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

ここまで調子が良かった札幌なので、びっくりするくらいの敗戦ですね。とは言え元々苦手としていた川崎が相手。ここから3点を奪えたのは収穫点なのではないかなと思います。また、これまで失点が少なく失点パターンのデータを取れていなかったはずなので、その点も大きいかなとも感じますね。

ミシャ式マンツーマン。オールコートマンツーマンと昨季から新しい挑戦を続けていた札幌にとっては、新しい課題に直面した形なのかなとも思いますね。しかし14失点は重たいですね。。川崎の攻撃に圧倒された形なのか、それとも札幌も多くチャンスをつくる中で決めきれずに殴り合いの末で決定力の差がでてしまったのか考察材料が少ないので何とも言えないですね。

スコアだけでは大敗ですが、内容がどうだったのか。動画が公開される事があったら、そのあたりも考察していきたいですね。

▼前回のブログはこちらになります!

北海道コンサドーレ札幌の沖縄キャンプ終了。完成度が高かったTMを振り返る!


インターネットでtotoを購入できる、無料会員サービスです。 会員ならではのお得なメリットがたくさんあります!!(入会金・年会費無料)

例えば・・・

★ポイントをためて豪華プレゼントに応募

★会員限定キャンペーン

★当せん金は自動振込

★らくらく購入(定期購入)

好きなチームの勝利を予想することもできます!試合を見ながら、さらに深く楽しめる!

登録だけなら無料です

購入期限以内であればスマホ。iPhoneからでも購入可能!会場でぽちっと推しませんか?

 

どれもこれも北海道コンサドーレ札幌の選手を深く知る上で必読の書と言えますね!

前育主義は金子拓郎選手と岡村大八選手のファンなら必読の一冊!

新戦術レポートはミシャ式マンツーマンについて記載されていますね!

ジュビロ磐田の通訳~の中にはなんと!ジェイ選手が普段から使用する英語が紹介されています!厚別での練習見学前に読んでおくと面白いかも!

J1川崎に3-14で大敗。今季最初の敗北も収穫あり!

【川崎フロンターレ×北海道コンサドーレ札幌|ハイライト】明治安田生命J1リーグ 第26節 | 2020シーズン|Jリーグ

※昨季の思い出深いゴールですね!

キャンプ合流後のジェイ初ゴール!

【公式】ハイライト:北海道コンサドーレ札幌vs浦和レッズ 明治安田生命J1リーグ 第16節 2020/9/13

▼ジェイについてまとめたブログはこちらから!

彼なしには北海道コンサドーレ札幌を語れない!札幌の「キング」ジェイ・ボスロイド(JayBothroyd)

まってました!と言いたくなるジェイ選手のゴールですね!合流後は綺麗なループでいきなり報道陣を沸かせたというジェイ選手ですが、TMでのゴール報道がなかったのが気がかりでした。今回の相手は札幌が苦手とする川崎との一戦。大差をつけられる中だったかと思いますが、その中でもモチベーションを落とさずに決めるところを決めるのはさすがですね!やっぱり頼りになる!

どのような形でのゴールだったのかはわかりませんが、ジェイ選手のこれまでのゴールシーンを振り返るとどのシュートもテクニックが詰まった美しいゴールです。それを考えると、今回のゴールも同様に見るものを魅了するようなゴールだったのではないかなと推察します。負けて悔しい試合ではありますが、ジェイ選手のゴールシーンが見たい!動画が公開されないかなと待ち遠しく思いますね。

ここ数日のうちで本田選手に戻ってくるべきではないかなと発言するなど日本サッカーの事を日本人選手以上に考えているジェイ選手です。発言には責任が伴いますが、今回のTMの結果をみると点数を取るというストライカーとしての一番の仕事を果たした当たりはさすがだなと感じました。結果を出しながらここまでの思いを世に発信できるのはとにかくカッコがいいですね!

ストライカーとしての在り方を示すとともに試合を見ていたであろう札幌の選手に良い影響を与えたのではないかなと思います。

 

川崎からの貴重な1点!今季はドドが凄い!

【北海道コンサドーレ札幌×横浜FC|ハイライト】明治安田生命J1リーグ 第24節 | 2020シーズン|Jリーグ

▼ドウグラス選手についてはこちらから!

ドウグラス・オリヴェイラの凄さとは!ワースト3位に物申す!!

前回の浦和戦で2点を挙げているドド選手です。動画をみるとワンタッチシュートにはまだまだ課題がありそうだと感じていましたが気鬱だったのかもしれません。TMでここまでコンスタントに点を奪っているのは昨季と違うドド選手が見られるのではないかなと思いますね。何度か書いていますが、ポジショニングセンスが際立って素晴らしく見えるドド選手なので、ゴールセンスが伸びているなら飛んでもないことになるのではないかなと感じます。

相手も凄いですね。今回の対戦相手は川崎です。昨季のJリーグでは圧倒的な攻撃が目立っていましたが、その攻撃を支えた守備の在り方は専門家からの評価が高かったはずです。その川崎を相手どってのゴールは素晴らしいのではないかなと感じます。どのようなシュートシーンであったとしてもゴールを奪ったのは間違いないので、これから評価が上がってくるのではかなと期待しちゃっています。

昨季は惜しいシュートを外して「大丈夫じゃないよ」とミーティングルームで悔しさをあらわにしたドド選手ですが、その悔しさを忘れずにトレーニングしているんだろうなと考察できますね。今季で一番伸びているのはもしかしたらドド選手なのかもしれないですね。あのくやしさは今季に確実につながっていそうです!

 

岡村選手だけではない!攻撃的CBとしての存在感を見せた中村選手

CAMP REPORT 2021.2.2

攻撃的CBとして存在感急上昇の岡村選手がスタメンの第一候補だと思いますが、中村選手のここでのTMでのゴールはかなり印象に良い影響を与えるのではないかなと感じます。札幌時代からキック精度に定評があった中村選手です。期待している関係者も多いはず。今回のTMでのゴールはその期待にも応えたものではないのかなと感じます。激しいポジション争いの予感がしますね

動画が公開されているわけでもないですが、中村選手のゴールの形が今回の得点者の中で一番想像し辛いです。前述した通りでキック精度が高い選手なので、福森選手が不出場の試合の中でFKを担当して決めたのではないかなとか。CBらしくヘディングで空中戦で競り勝って叩きこんだのかなとかいろいろ想像してしまいます。ミドルやPA侵入からのシュート。色々な形が考えられますね!こういう想像ができてしまうのも中村選手の良いところかもしれません。

前述した通りでJ1屈指の強力な守備を誇る川崎です。昨季はJFLの本田に期限付き移籍でお世話になっていた中村選手ですが、その川崎を相手に点数を撮れたのは成長の証ではないのかなと感じますね。CBと書いてしまいましたが、本当にCBとして起用されていたのかも疑問です。間違いないのはゴールを奪ったというだけ。どちらにしても川崎のゴールネットを揺らした事を考えると、どんな選手に成長しているのかワクワクさせられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました