【試合前プレビュー】J1リーグ第3節対広島戦の注目ポイントとスタメン予想!

2021J1リーグ本戦
ブログランキング参加中!クリックお願いします!!(^^)!

こんにちは!ふわっとひと蹴りです!(もしかしたら、おはようございます!こんばんわ!かもしれません)

今回は3月10日に迫ったJ1リーグ第3節の広島戦について

注目選手

注目ポイント

スタメン予想

の3本柱で分析しました!

要点をまとめて短めにまとめております!

皆様の予想と比較しながら、楽しんでいただければと思います!ぜひご覧ください!

▼前回のはこちらです!

【試合前プレビュー】2021J1リーグ第3節対広島戦!小柏の俊足、福森の左がさく裂の予感!

対広島戦!福森選手の冴えわたるセットプレー!

J1リーグ第3節広島ー札幌を分析!

得点に期待!~ミシャ就任以降、Jリーグ杯を絡めた好相性選手~

アンデルソン・ロペス

対広島戦でのゴールはチーム最多の3ゴールと相性の良さが際立つロペス選手

Jリーグ、Jリーグ杯での出場時間は約360分。

ざっと約4試合分ですね。ゴール割合では4試合で3ゴール。

これは相性が良い!

広島時代のロペス選手も札幌から点数を奪った実績もありますね。

この対戦カードは非常に相性が良いのだろうと推察出来ます。

福森晃斗

札幌が誇る黄金の左。

相手からすると怖い事この上ないFKの名手ですね。

Jリーグ、Jリーグ杯の2つの大会方式で、広島から点数を奪っているのは福森選手だけです。

出場時間は約690分。

試合数に換算すると7試合と半分くらいになりますね。

点数計算だけで2ゴールですが、アシストを絡めるとさらに数値が伸びること間違いなしです。

広島攻略に欠かせない一人と言えそうです。

ドド、チャナティップ、金子も悪くはない!

Jリーグ杯で点数を奪っているドド、金子の両選手とチャナティップ選手もゴール期待値が高い。

チャナティップ選手は、251分で1ゴール(J1)

ドド選手は186分で1点奪取(Jリーグ杯)

金子選手は231分で1ゴール(Jリーグ杯)

となっています。

一番少ない時間割合で奪っているのがドド選手。

次いでJ1で点数を奪ったチャナティップ選手

特別指定ながらもゴール奪取の金子選手ですね!

この3人の活躍、ゴールへの期待も高いです。

稀な記録にリーチ?(対広島での記録はおそらくチーム初)

同一対戦カード。アウェーで連続FK弾

▼福森選手の凄さはこちら!

福森 晃斗選手のゴールから個人的に印象深いシュートを選出してみた!

Jリーグの中でも同一対戦カードで直接FKを連続でたたき込む選手は稀なはず。

偉大なFKの名手でも一度決められた警戒心が高い相手から同じような形でのゴールを奪うのは困難です。

北海道コンサドーレ札幌にとって、苦手な敵地広島戦。

その中でも昨季終盤でFKを福森選手はたたき込んでいます。

前述したデータが示す通りで、FK弾を沈めている割合が高い数値を示すのもこの広島戦ですね。

あまりにもマニアック過ぎるデータのため、

Jリーグ全体では調べ切れませんでしたが、かなり珍しいデータである事に間違いありませんね。

要注目ポイントだと思います

アウェーの広島戦が連戦になるのは3年ぶり

アウェーで広島とシーズン終盤に戦い、翌シーズン序盤にアウェーで戦う。

この状況になるのは2017年9月30日~2018年2月24日以来になります。

対広島戦だけに限ると、同様の状況になったのはこの時が初めて。

今回が3年ぶり2度目の形になります。

北海道コンサドーレ札幌が広島を相手にアウェー連戦で連続FKを奪う事ができれば。

対広島戦に限った珍しいデータが初めて生まれる事になりそうです。

予想スタメン

上記4人の出場は濃厚!

上記4人のうち。

福森選手、ロペス選手、金子選手は

J1リーグでもここまで2戦連続でスタメン入り。

この3人は今回もスタメンで変わらないように思います。

それに加えてドド選手は途中出場。

Jリーグ杯で点数を奪えていますが

J1リーグで点数を奪取することで今季もJ1での起用が考えられるようになる。

相性も良いという数字が出ているので

ここでアピールを!

攻撃陣のポジジョン争いの激化に期待したいですね!

スタメンはほぼ変わらない!

週末のG大阪の試合が開催できるのか

その点が大きく響きそうです。

できるかどうかわからない試合のために

戦力を温存するのはミシャ監督らしくはない!

その理由から

スタメンは前節とほぼ変わらない事を予想します。

田中駿汰選手も連戦の良さについて語っているのも特徴的ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました