Jリーグ札幌─仙台を分析!弱点と勝利のキーマンは………!?

Jリーグ
ブログランキング参加中!クリックお願いします!!(^^)!

ここ数試合勝無しとまたしてもトンネルに入ってしまった札幌です。

さながら道東道の夕張周辺といったところでしょうか。トンネルが抜けたと思ったらまたしても長いトンネルへ。

泥沼に沈んでいるようにも見えますね。ただ、間違いなく前進していることだけは確かです!

期待しましょう!

そんな訳で今回はどこよりも早い?対仙台を分析します!

【公式】ハイライト:ベガルタ仙台vs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第5節 2020/7/18

サポーターにとって欠かせないものが宿の確保!

アウェー席の開放もまもなくのようなので、この機会に一気に動く人たちも多いのではないでしょうか!

そんなあなたにお勧めなのが、じゃらんnet

いまだけGOTOTRAVEL35%引きです!(2020年10月1日現在)サクッと宿をとってみてはいかかでしょうか!

ここまでお得なのは今だけ!!普段は止まれない夜景が綺麗なホテル、高層ホテルなどもお安く泊まれるチャンスです!

この機会を逃すことなくお得に泊まりましょう

 

どれもこれも北海道コンサドーレ札幌の選手を深く知る上で必読の書と言えますね!

前育主義は金子拓郎選手と岡村大八選手のファンなら必読の一冊!

新戦術レポートはミシャ式マンツーマンについて記載されていますね!

ジュビロ磐田の通訳~の中にはなんと!ジェイ選手が普段から使用する英語が紹介されています!厚別での練習見学前に読んでおくと面白いかも!

札幌の急浮上になりえる試合!

札幌と仙台の攻め方の違い

ここ数試合のハイライトを見てみると、仙台は中盤から素早い攻撃を仕掛けるチームのように思えました。

そのため、攻撃時にはサイドからの攻撃が主になっているようにも見えますね!

気を抜くと、一気にカウンターを受けて失点というパターンもあり得ます。最も札幌が嫌う攻めの形なので要警戒が必要ですね。

丸で囲ったところからの展開が多いですね!矢印の通りで浅い位置からのクロスが多い印象です。

こういう展開が多いです。そのため中盤と最終ラインのスペースを空けすぎず。ただし最終ラインに吸収されないように出してへのプレッシャーも必要です。

札幌は対照的にポゼッションサッカーが主流。FW小柏が入ることでカウンターの形を見せましたが、基本的には横パスで相手を混乱させるパス回しを得意とします。

混乱させて守備陣にできた間隙をすかさず突く!というのが必勝パターン。攻撃陣の裏抜けのタイミングは試合ごとに良くなっているので、そろそろ期待が持てるのではないでしょうか。

パス回し上、サイドを広く使います。そのため、サイドのドリブラーである菅選手やルーカス選手のドリブル突破など単騎で切り込むこともしばしばあります。

ポイントは攻め時を見極められるか。そして、それをチーム内で共有できるかになりそうです。

仙台の弱点とは!

ここ数試合のハイライトでは失点パターンの半分以上が……

サイドからのクロス!!グラウンダー、ハイボールを問いません。ハイライトで多いのはグラウンダーのクロスへの対応が遅そうなのでそこがねらい目なのかなと思います。

ただし、これらは相手守備が完全に整う前に攻め切っているプレー!なので、素早い攻めが札幌に求められそうです。

正確なポジションを取れるFW、シャドーに正確な高低を問わないクロスを出せるサイドアタッカーが必要ですね。ある程度、相手のDFラインを最後、少しだけずらせる高度なテクニックを持つサイドアタッカーが有力かもしれません。

札幌のキーマン(攻撃編)

以上のことから攻撃時のキーマンはジェイボスロイド選手と駒井善成選手の2人。特にフィニッシャーとしての役割が求められます。

ストライカーとしての役割はジェイ選手にかかるものが多くなりそうです。

そのため、ジェイ選手にかかる期待は非常に大きいものになるのではないかなとも思います。ヘディングであれだけゴールを量産したストライカーが今季、このまま終わるとは思いません。

足元の方が得意な選手なので、ハイボールと思わせてのグラウンダーというのも面白いかなとも思います。いつもハイボールばかりなので、たまにはグラウンダーで相手を惑わせるのも必要かなと。

駒井選手に求めたいのは前線からのプレス。いうのは簡単なのですが、これは高度なポジショニングセンスを持っていないとできない芸当

現在の札幌のシャドーを考えると、攻守両面で適切なポポジショニングが取れるのは彼しかいない気がします。プレスに行き過ぎてもダメ。かといっていかな過ぎてもダメ。絶妙な距離感が求められます。

仙台は守備陣のパスミス、ボールロストが多いのも特徴なので、駒井選手には前線からの守備が大きく求められそうです。

札幌のキーマン(守備編)

一方の守備のキーマンはというと。

荒野選手と福森選手が重要な役割を担いそうな気がします

前述した通りで守備に吸収されずに中盤の選手にプレッシングできるのは荒野選手になるのかなと。おそらく同じポジションになる高嶺選手との連携が求められます。

その時に協力なリーダーシップを発揮できるのは荒野選手。高嶺選手と交互いプレスに行くことを考えると、荒野選手の指示が何よりも求められそうです。

福森選手は攻撃時のパス精度は測りしれませんが、今回は守備になります。そうなると、ずっと課題であった背後へのカバリングとプレスのタイミングが大事になるかなと。

おそらく相手としても福森選手の背後を狙ってくるものだと思います。そろそろ相手チームをぎゃふんと言わせるだけの守備を見せてほしいなと。あれほどのパスを出せる選手なので戦術理解度はかなり高いものがあるはず、守備でもその視野の広さが生きてくるタイミングが仙台戦ではないかなと思います!

札幌の予想スタメン!

あくまでも個人の意見です!

一つの考えだと思ってみてくれればと思います!次こそ!勝ちましょう!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました