いざ!リベンジへ!VS柏戦!

Jリーグ
ブログランキング参加中!クリックお願いします!!(^^)!

2020年2月22日、覚えている人も多いことだと思います。

GKクソンユンがいて、鈴木武蔵もいる。チーム最初のゴールは荒野拓馬選手だったり楽しかったですね。

2-4の結果にさえ目をつぶることができれば、、、

個人的にも翌日が誕生日のため、ワクワクしながら見ていたのを覚えています。

選手が万全であれば何か変わったのではと邪推することもしばしば。さぁ!その鬱憤を晴らせるVS柏戦はまもなく!

スタメンが発表されたため、直前の注目ポイントを3つ紹介したいと思います。個人的な見解ではありますが、より楽しめるかと思います。

【公式】ハイライト:柏レイソルvs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第1節 2020/2/22

注目ポイントは大卒トリオと札幌の「キング」ジェイボスロイドの融合

大卒トリオ!金子拓郎のキレッキレのドリブルに注目。

まずはこちら!

金子拓郎選手です。こんな記事を出してしまうくらい推しの一人だったりします。

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督がサポーターに送る特別な選手の一人~特別なシャドーストライカー金子拓郎~ 

久しぶりのスタメン出場になりますが、彼の強みはなんといってもキレッキレのドリブル。

チャナティップが不在をどの程度埋められるのかが気になりますね。

サイド、中央どちらでも力を発揮できるポリバレント性もありますし、個人的に楽しみなのは、彼個人の得点への嗅覚。

今季のJ初ゴールは絶妙なポジショニングで荒野選手のアシストでゴール。ルヴァンカップでも絶妙な位置取りでドウグラス・オリヴェイラ選手からのアシストをゴール。数節前には見事な飛び出しとゴールのイメージが豊富なのが伝わります。

得点力、決定力不足に悩む札幌にとって救世主になりえると思います。

要注目です!仕掛ける姿を見たいですね!

福森不在!大卒トリオの高嶺、田中に求められるロングフィード。

札幌にとって痛いのは福森選手の不在です。セットプレー、好機を演出に多くかかわる札幌の心臓部です。

ここを補うのは高嶺朋樹選手と田中駿汰選手の2人。これまでも福森不在を感じさせないフィールディングでチームを支えています。

守備力に関しては文句はなく、

2人の関係性もかなり良好。ここに金子選手が加わった三重奏は今後の札幌を飛躍させる重要なピースになりえます。

2人ともに1対1の守備ではほとんど負け知らず。強力な柏の攻撃陣をどれだけ封殺できるのかに注目ですね。

柏を抑えられるレベルであることが伝われば、代表に選出されるのも夢ではないと思います。(田中選手はすでにA代表デビュー済み)

両サイドをおそらく菅選手とルーカス選手、どちらも快速を誇るサイドアタッカーなので、どんどん両サイドへのパス供給をしてほしいですね。

札幌の攻撃の核ジェイボスロイド!ゴールラッシュに期待!

なんといっても攻撃の核であるジェイボスロイド選手。ポストプレー、シュートと全てが理想的なFWです。

彼を紹介せずして誰を紹介するんだ!と言いたくなる選手ですね!

このブログでも紹介しています。

彼なしには北海道コンサドーレ札幌を語れない!札幌の「キング」ジェイ・ボスロイド(JayBothroyd) 

若いトリオで中盤を制圧。ジェイのポストプレーで展開という本来のプレーに期待できそうです。

ジェイもポジショニングに優れた選手。多くの場面でシュートを狙っていってほしいですね!

強敵の柏戦ですが、ジェイがあっさりハットトリック!なんて展開も十分にあると思います。

試合は午後6時30分からキックオフ!道内では地上波放送もあるので要注目です!私はテレビの前で、できうる限りの応援をするつもりです!

リベンジなるか!それとも、柏の2連勝か。攻撃と攻撃がぶつかる面白い試合になりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました