日本人離れした都倉賢選手の成長。札幌へ再加入の可能性は?

Jリーグ
ブログランキング参加中!クリックお願いします!!(^^)!

小野選手の加入と移籍市場がにぎわってきた札幌。現在、移籍金0で獲得できる選手で、注目されているのは都倉選手ではないでしょうか。

色々なところで名前を聞く都倉選手です。なんだかんだで札幌サポーターからの存在感は抜群なようですね。

そのことから今回は都倉選手について取り上げてみました。札幌再加入の可能性も個人的な観点から分析してみました!

【公式】ゴール動画:都倉 賢(C大阪)35分 ベガルタ仙台vsセレッソ大阪 明治安田生命J1リーグ 第6節 2019/3/30

『エックスドメイン』は格安のドメイン名取得サービス!!

当サイトでも使用しているXserverさんのドメイン取得サービスになりますね!

.com.netなどの定番ドメインが年額200円から(税抜)取得可能!

通常では定番ドメインはかなりお高めなので、すごくお得です!

DNSレコード編集機能やWhois情報代理公開機能など、ドメインの運用に十分な機能を標準で備えています。

ブログ解説が初めての人も玄人の人もストレスなく使用できるだけのものになっています!

成長を続ける都倉選手

【公式】ゴール動画:都倉 賢(札幌)90+5分 ガンバ大阪vsコンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第22節 2018/8/15
右サイドのアーリークロスから都倉 賢(札幌)が相手選手に競り勝ってヘディングシュート!試合終了間際に値千金の同点ゴール!明治安田J1のゴール動画を公開中!2018年8月15日(水)に行われた明治安田生命J1リーグ 第22節 G大阪vs札幌のゴール動画です。Jリーグ公式サイト「J.LEAGUE.jp」https:/...

スプリント速度が異常な数値

都倉選手というと、ヘディングが非常に強力な選手であることは皆さん周知の事実のはず。ただ、今回紹介したいのはそのフィジカル的な強さではなく、スピード面。ある意味ではフィジカル面というべきかもしれませんが。。(笑)

都倉選手は現在34歳です。肉体的に衰えを見せてくるはずの年齢ではあるのですが、2月16日のルヴァンカップ対松本戦で最高速度32.1㌔を計測しました。丸橋選手が31㌔だったことを考えると、想像以上の速度を発揮した事がわかりますね。

陸上の右代選手に走り方の指導を受けてからというもの。年齢を感じさせないプレーを続けていますね。肉体的にはまだJ1チームでも活躍はできるかと思います。

札幌再加入のみちのりは?

アタッカー十分の札幌へは厳しいかもしれない。

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

問題の札幌加入問題なのですが、選手層を考えると札幌加入は厳しい道のりかもしれません。とはいえ、札幌の補強は普通の考えの斜め上の考えになる事が多々としてあるので、声をかける可能性は0ではないはずです。

ただし、戻ってきても前線からの守備の面で厳しいのではないかなと素人目では考えてしまいますね。周囲の選手を走らせるようなコーチングをしていた事は覚えていますが、自分自身が走ってプレスをかける姿はあまりなかった気がします。

現在の札幌はチャンスが多いものの決めきれないというジレンマを抱えていますよね。都倉選手は3本に1本を決める割合の選手なので、札幌が欲しいタイプの選手かというと正直疑問なんですよね。年齢的にも難しいのではと考えてしまいます。

戻ってきたら応援しちゃうんですけどね(笑)

不完全燃焼のはず

セレッソの退団コメントではC大阪関係者への感謝の文面を残しながらも、悔しさがにじんでいる文章になっています。成長していくという決意も見せているので、まだまだ不完全燃焼というべきなのでしょう。

前述した通りに全治8か月の大けが後にあれだけの成長を数字として出せた以上はまだまだやりたいのではないかなとも思います。2年前のシーズンオフにはロザンゼルスで筋トレの科学的な考え方に触れて吸収するほどです。

上昇志向の高い選手であることには間違いないので、余計にまだやりたいと思っていても不思議ではありませんね。

サッカー以外の道もあるが、、、

ご存じの通り、ワインをはじめ幅広い業種に手を伸ばし、結果を出している都倉選手です。正直なところ、そちらに転身した方が単純な資金面ではプラスになりそうですね。ただ、個人的にはもっとサッカーができなくなるまで肉体がボロボロになってから引退するのではないかなと思います。

今回の契約解除後であれば、移籍金0での獲得になるので札幌から手を伸ばす可能性は0ではありませんし、本人のコメントを信じるなら「さようならではなくいってきます」と言っているので、戻ってくる気があるのかもしれません。

とは言え、戻ってきても出場機会は厳しいと思われますし、それは選手本人が一番感じているはず。あれほどのフィジカルと得点感覚をもっている選手を野放しにしている訳がありません。21年のJリーグは降格が4枠に広がる事を考えると、一点の重みは増すシーズンになるはず。各チームともに喉から手が出るほど欲しい存在だと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました