浦和のMF柏木陽介が退団、移籍の方針に。札幌に加入する可能性を考察してみた

未分類
ブログランキング参加中!クリックお願いします!!(^^)!

なぜ退団、移籍が決定した浦和レッズMF柏木陽介の規律違反は内部告発によって判明したのか(THE PAGE) - Yahoo!ニュース
新型コロナウイルス禍で設けられたクラブ内の規律を繰り返し破ったとして、所属する浦和レッズから厳重注意と罰金処分を科され、今月下旬に迫るJ1リーグ開幕へ向けた練習への参加も禁じられている、元日本代表M

話題になっているのが浦和レッズの柏木選手の退団、移籍報道です。

その移籍報道の中で気になるのは、ミシャ監督との縁もあるので札幌移籍の可能性ではないでしょうか。その部分について自分なりの考察をまとめてみました!

浦和を長く支えた元日本代表選手の今後に要注目です!

インターネットでtotoを購入できる、無料会員サービスです。 会員ならではのお得なメリットがたくさんあります!!(入会金・年会費無料)

例えば・・・

★ポイントをためて豪華プレゼントに応募

★会員限定キャンペーン

★当せん金は自動振込

★らくらく購入(定期購入)

好きなチームの勝利を予想することもできます!試合を見ながら、さらに深く楽しめる!

登録だけなら無料です

購入期限以内であればスマホ。iPhoneからでも購入可能!会場でぽちっと推しませんか?

柏木陽介選手とは?

【公式】ゴール動画:柏木 陽介(浦和)61分 ヴィッセル神戸vs浦和レッズ 明治安田生命J1リーグ 第5節 2017/4/1

プロフィール

生年月日  1987年12月15日(33歳)
出身地      兵庫県神戸市
身長              176cm
体重              73kg
ポジション MF / FW
背番号          10
利き足          左足
ーーーーーアマチュアーーーーー
1994-1997     神戸市立松尾小学校 (SNSC 須磨ナイスサッカークラブ)
1997-1999     御津町立御津小学校
2000-2002   御津町立御津中学校
2003-2005   サンフレッチェ広島ユース (県立吉田高校)
ーーーーークラブーーーーー
2006-2009   サンフレッチェ広島
2010-       浦和レッズ
ーーーーー代表ーーーーー
2010-2016

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督との縁

2006年プロ選手初年度の監督がミシャ監督になります。広島時代で若手を積極的に器用するミシャサッカーの中で頭角を現し、「広島のダイヤモンド」と言われるほどだったとか。その後にJリーグでダイヤモンドを象徴するレッズに行くわけですから、なんとも言えない奇縁を感じますね。2010年には浦和にとって象徴的な背番号である8番に就任。かなりの期待をされて入団しています。12年には広島時代の恩師ミシャ監督が浦和の監督に就任します。

すると、シャドーのポジションにコンバート。またしてもミシャ監督の下で活躍し、2013年にはJリーグのアシスト王になっていますね!そのため、ミシャ監督にとっても思い入れがある選手の一人であると思います。ある意味、ミシャ監督にとって初めてのJリーグで最初に面倒をみた若手だとも思いますね!

札幌のスタイルに合うのか?

ミシャが率いた浦和では走行距離が高め

ミシャが率いたころの浦和では走行距離がチームで一番長かったと当時のニュースを漁るとでてきますね。11.7㌔を走りながらもルックアップから攻撃のスイッチもいれれる中盤の底だったりシャドーだったりと幅広いポジションを担当していました。今の札幌風にいうと、宮澤選手や高嶺選手が担当しているようなポジションになるのかなとも思いますね。ただ全盛期のプレースタイルをみてしまうと、今の駒井選手の動きが近い気もしますね。

そのため、一度とは言えミシャサッカーを経験している部分は札幌のミシャ監督の下でも力を発揮できる可能性は高いかなと感じます。ただ、勘違いしてはいけないのは札幌が目指すサッカーはミシャ式と札幌の融合であり、これまでにないミシャ式になりますね。そのため、広島、浦和時代とはまた違うサッカーを目指しているはずです。ッカーIQも高い選手かと思いますが、今の札幌のスタイルに挑戦するとなると初めてのはず。ACミランのレジェンド、フランコ・バレージでさえ、新戦術が浸透するのは時間がかかったので、難しい気がします

2019年以降は出場機会に恵まれていないのも気になりますね。。

ミシャは気にかけそうだが。。

ミシャ監督は過去の教え子たちにも惜しみない愛を注いでいるように思います

【浦和】柏木陽介が語った恩師ミシャへの想い。「勝つことで恩返しをしたい」 | サッカーダイジェストWeb
 浦和レッズは8月1日、堀孝史新監督のも...

そのため、柏木選手自身もミシャ監督への思いがあるのは間違いなさそうです。

現在は札幌の監督ですが、対戦相手に教え子がいると嬉しそうにその選手を呼んでは健闘を称えるような姿がありますね。例えば、湘南に在籍して浦和時代の教え子でもある梅崎司選手を見つけるとウメ―と選手を呼んでは笑顔で話しているような姿もありましたね。

この暖かさがミシャチルドレンと言われる優秀なJリーガーが存在する事の理由な気がしますね。育成のうまさの大部分にはミシャ監督の愛の深さがある気もしています。そのため、ミシャ監督の指導を受けた選手は急激に成長することも多く、若手でもっとうまくなりたいと思う選手にとっても存在が大きい監督になりますね。熱い側面もあり、ミーティングが長い事でも知られる監督でもありますが、ファン、サポーターとしてもミシャ監督の笑顔を見るとほっとするので、選手であればどれほど安心するのでしょうか。

そんなミシャ監督なので、柏木選手の事も気にかけているとは思いますね。ただ、札幌になじめるのか。。考えてみると、かなり厳しい道になるかと思います。そこについては事項でまとめてみます。

札幌への加入はいばらの道。

【DAZNハットトリックチャレンジ】柏木陽介(浦和レッズ)

ポジション問題。有力若手が多いMF

前述した通りで柏木選手のメインとなるポジションは中盤の底。もしくはシャドーのポジションになるかなと思いますが、このポジションは札幌にとっては激戦区。中盤の底であれば札幌を象徴するバンディエラ、人によってはドイツのレジェンド選手「フランツ・ベッケンバウアー」と重ねて札幌の皇帝とも呼ぶ人もいる人気が高い宮澤選手。ルヴァン決勝で窮地を救った深井選手、札幌ユース出身で至宝とも呼べる高嶺選手、次代のキャプテン候補の荒野選手などなどすさまじいほど優秀な選手が多いポジションになりますね。

ではシャドーならどうだろうかと言われると、これまた激戦区。タイのメッシと言われるチャナティップ選手にチーム内得点王であるA・ロペス選手、札幌サポーターに愛されているドウグラス・オリヴェイラ選手、TMで存在感を見せている青木亮太選手。WBもできる若手を代表する金子拓郎選手などなど。ここに割って入れるかと言われると厳しいです。

さらに柏木選手は日本代表歴もある日本屈指の人気を誇る選手でもあることから、年棒も高めの選手になりますね。能力が高くてもチームで力を発揮できるのかが図れない選手にそこまでの年棒を払えるのか。ウーゴ・ヴィエイラ選手の例もあるので難しいのかなと感じます。

能力は高いけど、札幌移籍の可能性は低い

能力は極めて高いです。日本を代表するゲームメーカであることは間違いないですし、プレースキッカーとしても活躍できるほどの素晴らしい精度の左足をもっています。それほどの選手が自分を安く売るとは考えにくいですし、浦和にとっても貢献してくれた選手ができる限り幸せにいてほしいと思っていると思いますので、できる限り出場機会や年棒の希望があるチームに行く事になるのではないかなと。

色々なチームに売り込んでいるという報道もありますね。名前こそ出ていませんが、札幌にも話は来ているのではないかなと感じます。ですが、コンサラボ様で三上GMが話していたように北海道のために動ける選手なのか。年棒面も大きいですが、一番のネックはそこではないかなと思います。

▼当ブログで考察した札幌のヴィジョン

陰の功労者!札幌の飛躍を支えるフロント陣について考察。想像以上にすごかった。

も読んでもらえると嬉しいのですが、いちサポーターの私でさえ北海道コンサドーレ札幌は北海道のために動いているチームだと感じられるほど北海道愛にあふれたチームです。柏木選手獲得はチームの戦力面では間違いなくプラスですけど、正直なところチームのコンセプトにあうのかなと疑問を感じてしまいます。個人的な感覚では札幌に移籍してくる可能性は低いと思いますね!

期限付きでJ2,3への移籍が妥当な気がする。

柏木選手は広島、浦和の2チームの所属歴はあります。広島時代に降格を経験していますが、ミシャ監督がチームに残ったため、主力級で抜けたのは駒野選手、ウェズレイ選手のみ。チーム規模はJ1クラスを維持してます。比較的戦力が整ったチームで戦った経験しかないように思います。J2からの昇格時も記録的な勝ち点で昇格しました!柏木選手が優秀な選手である証明ではあるのですが、、今回の事例で浦和を離れるとなると他のJ1チームも引き取り辛いのではないかなと感じてしまいますね。とはいえ、選手としてすごく優秀ではあるので、今回の事例で引退のような形にならないことは祈りたいです。

浦和としては不本意な流出になったのかなとも感じます。

そのため、できる事なら同じカテゴリーではないJ2、3でほとぼりが冷めるまでは居てほしいというのが本音ではないかなと感じます。そのため、期限付きの形でJ2、3に挑戦するという形が大本命なのかなと思いますね。

コメント

  1. 都々賀中 より:

    柏木陽介は広島在籍時の2008年にJ2を戦ってますよ。
    北京オリンピック代表落選の遠因でもあったような気がします。

    • dackelmark より:

      そうですよね!この時の広島は即時J1昇格していますし、チームが主力級が残って戦力がJ1クラスのままだった記憶があるのでこのような書き方にしました。
      紛らわしい書き方なのも事実なので訂正しますね!ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました