北海道コンサドーレ札幌の第11節仙台戦!2ゴールを自分なりに考察!

2021J1リーグ本戦
ブログランキング参加中!クリックお願いします!!(^^)!

こんばんは!ふわっとひと蹴りです!

今回は今季初の逆転勝利!対仙台戦の2ゴールを自分なりに考察してみました!

見たかった2選手が出場し、ゴールを奪った!

この事実だけで滅茶苦茶盛り上がりました!

今後が楽しみですね!

小柏選手!初ゴール

①スタート位置のすばらしさ!

このゴールが生まれるまでの一連の流れを振り返ると。

チャナティップ選手の真似ができないであろうボールキープから開始。

チャナティップ選手が前を向くのと同時に

小柏選手がスタート。

この時に注目してほしいのはロペス選手の動き。

同時にまっすぐ動くことでDFとしては素早くコースを切るのは叶わなかった。

実は小柏選手のスタート位置が低めの位置からになるため、

DFの方が有利の恰好。そこからのスタートでありながらもまっすぐ突き進むだけで振り切れるスピードがあったように見えますね。

2対3の状況でも相手の判断が少しでも遅れただけで突破できてしまう

推進力がすさまじい!

②勢いのよいシュートの選択!

武蔵選手が得意としていた角度であったように見える今回の小柏選手のゴール。

個人的には、武蔵選手がそこにいるのではないかなと感じるレベルですごかった。

もっとすごいなと思うのはシュートのチョイス。

このシュートを打ったタイミングは1対2のような状況で。

ロペス選手へのパスコースが防がれ、シュートコースも防がれる瞬間にそこを射抜くような強烈なゴラッソ!

今回のシュートコースは試合前の練習で相手GKが取り組んでいた軌跡。

そのため、相手GKは用意万端で構えていたのは想像できます。

あの場所からのシュートであれば、海外の大物GKは次々と止めるコースで、分はGKの方があるような弾道です。

それではなぜ決まったのか。。

ここからは個人的な考察ですが、

瞬時に相手DFの心理を察知したのではないかなと。小柏選手は視野が広い選手のため、横から迫っているDFの姿が見えたはず。

ここを使ってやろうと思ったのではないかなと思います。

相手DFの心理を考えると、体を投げうっても止めたいであろうコース。それを誘ってブラインドにすることで相手GKの初動を遅らせたように見えました!

キングの帰還!ジェイボスロイド選手の逆転ゴール!

①87分のゴールを解説!

ジェイ選手をみると、相手のディフェンスの寄せにあいながらも競り勝ってのゴール!

体が強いのと、自分の間の取り方がうまいという印象です。

仙台の選手はファールを主張していましたが、あの程度の接触でファールになってしまったら、、、

サッカーは別の競技になってしまいますね。

そして、その状況にありながらも、ゴールマウスぎりぎりにたたきこむ技術の高さに脱帽します。凄すぎます!

今の札幌で競り合いで勝てる技術!相手の寄せでバランスを崩しても確実に枠をとらえる技術!この双方をもっているのはジェイ選手なのかなという印象を受けますね!

手前のニアのエリアで相手引き付けた小柏、ドウグラス選手のコンビネーションプレーも光っていました。

あのプレーがあったからこそ!ジェイ選手と相手DFの一騎打ちの様相になったのだと思います。

②予想された右サイドからのクロス。

これも試合前練習を見ていて分かったのですが。

今回の仙台GKは右サイドからのクロスの対応が苦しいイメージがありました。

 

そして、このゴールも右サイドからのコーナーキックでのゴールの形です。

なぜか、この右からのクロスの対応が遅い印象で。

今回のジェイ選手へのクロスも飛び出すなりで対応ができたはずですが、

あくまでも待ちの姿勢を取っていました。

そもそもの福森選手のクロスがGKからすると遠目だったのも要因の一つかも知れません。

左足で踏ん張ってのジャンプが苦手なのかなと感じますね。

ジェイ選手のシュートに対応するために使った足は左足でした。

もしかしたらですが、ジェイ選手レベルの選手からすると、そこを見抜いてゴール右隅にボールを置きに行ったのかも知れません。

ジェイ選手の経験の多さが活きたゴールだったのという印象です!

コメント

  1. […] 北海道コンサドーレ札幌の第11節仙台戦!2ゴールを自分なりに考察!こんばんは!ふわっとひと蹴りです! 今回は今季初の逆転勝利!対仙台戦の2ゴールを自分なりに考察してみまし […]

タイトルとURLをコピーしました