北海道コンサドーレ札幌の第10節横浜M戦!試合結果と内容、気になった選手を個人的に考察!

2021J1リーグ本戦
ブログランキング参加中!クリックお願いします!!(^^)!

こんばんわ!ふわっとひと蹴りです!

今回は対横浜FM戦を振り返っていこうと思います!!!

なぜ!なぜ!!なぜに勝てない!!

これだけの内容の試合をやっておきながら、なぜ結果がついてこない……

順位も何だが見覚えがある懐かしい順位。懐かしい光景が戻ってきている気がします(この光景は戻ってくるんじゃない!笑)

その中でも個人的に素晴らしい動きをしていたなと思う3選手をピックアップして紹介しようと思います!

色々言いたくなる敗戦だったと思います。今のうちに不満を吐き出して、次に向けて切り替えていきましょう!

▼試合前の予想です。

北海道コンサドーレ札幌のクラブ創設25周年マッチ!横浜M戦は金子拓郎選手に期待大!!

新着記事

【考察】いざ!首位の川崎との対戦!見てほしいポイントを紹介!
北海道コンサドーレ札幌の第13節徳島戦!2ゴールを自分なりに考察!
Saitama east SVに密着!ドイツ挑戦を目指す道産子「桑島瑠司選手」と加須市の魅力に迫った
スカパーオンデマンド!映らない問題が発生(5/5)!!ルヴァンカップの視聴難民多数発生
北海道コンサドーレ札幌の第12節湘南戦!評価すべき部分がいっぱいの濃厚な試合!

25周年記念マッチで悔しすぎる敗戦!

試合全体の振り返り!

※札幌が左、横浜FMが右です

スコア

前半 0

後半 1

総合 1

シュート数

総合  16(11)13(11)

支配率

総合 46%ー54

高嶺選手も安定感抜群の狂犬ぶりを発揮

菅野選手もビックセーブ連発

ポストにも救われる!

なぜこれで逆転されてしまったのか。。悔しいですけど。。。

絶望した先には希望があるもの!

後述しますが、要所で素晴らしいプレーを見せてくれました。

結果こそ残念です。負けた以上は評価はできないのがプロスポーツの世界です。

その中でも、荒野選手の復帰や菅選手の裏取りなど今後に向けてのプラス材料もあったように思いますね。

得失点差もいよいよもってマイナス値になってしまいました。

そろそろケチャドバがあっても良いように思います!

輝いた!注目選手たち!

①MVP級の活躍!札幌の狂犬が中盤を制圧

なんといっても高嶺選手の存在感が凄かったですね!

昨季を彷彿とさせる中盤での運動量で、相手のMFをイライラさせるほどのしたたかなプレー。

昨季の神戸戦でのサンペール選手の肘打ちといい。。

対外国籍選手になった時のボール運びや試合運びの細かな駆け引きがうますぎるのかと思いますね。高嶺選手が中盤にいる時に横浜Mの10番は本気でキレさせて、冷静さを失わさせるほどに。。

前半は結果としてこの10番の動きの精細さを失わせる事に成功したため、試合の流れも比較的札幌の流れだったように思いますね。

残念ながら後半に負傷交代(肉離れかな?)

これによって相手の中盤が自由になり、ボール奪取ができない間に1、2、3とあれやこれやと点差をひっくり返されました。

勝負にたらればは厳禁ですが、高嶺選手がいればあそこまでやられる事はなかったように思います。

守備だけではなくボールを保持してターンでかわす。味方の動きを察知して相手の間隙へとパスを送る視野の広さ。

今の札幌のミシャサッカーに必要不可欠なゲームメーカのように思います。

怪我が軽傷であることを願いたいですね。

②神様!仏様!菅野様!スーパーセーブ連発!!

この日も何点防いでくれたのかがわからない菅野選手。

コーナーキックからの至近距離シュートを防いだ!!

このシーンにしびれた人は多いように思います。世界的に見てもあれほどの至近距離シュートを防ぐのは中々ありません。

頭で考えていては間に合わないコースと強さ、精度のシュートをセーブしたわけですから

あのシーンは無意識で体が動いた!

このレベルの動きがあったのではないかなと思います。時間があれば相手の体勢と軸足の位置、相手陣形と味方の陣形を考えてコースを絞れますが、あのシーンは瞬間の駆け引き。

今の日本どころか世界でもあのレベルのセービングができる人は数えるほどしかいないはずです。

とにかく痺れました。

普通の試合運びであれば、あれほどのビッグセーブにポスト直撃弾があった段階で運は札幌向きだったように思えるのですが……。

とにもかくにも

菅野選手の安定した凄すぎるセービングはこの試合を語る上で欠かせないですね!

③ジェイの存在感とテクニック!決定力不足解消の切り札!

札幌にはやっぱりジェイ選手が必要!

それを感じる試合だったと思います。

この試合は右WBの金子選手が相手の複数のDFによるマーキングによって孤立する展開。

そのため、比較的左サイドが空いている展開が多かったと思います。

今の札幌の攻撃はサイドからのクロスの形が非常に多いですね。

ジェイ選手はこの試合のコーナーキックを2度フリーの状態でヘディングシュート。残念ながら枠は外してしまいましたが、このマークを外す能力は今の札幌ではジェイ選手がとびぬけてうまいですね!

PA内にジェイ選手がいる事で相手は警戒のため、他の選手へのマークが緩くなるという状況も見受けられました!

クロスでの好機が多いため、ジェイ選手の正確なポジショニング能力が大きく輝く瞬間は今後も多くなるように思います。

ジェイ選手はパスも上手なため、ジェイ選手を追い抜く動きをする破壊力があるFWと同時に起用できれば面白いことになる気がします。

ジェイ選手の存在がピッチ内にあることの影響はチームに大きすぎるプラス影響があることが良くわかる試合だったと思います。

次回はもっと多くのプレーが見たいです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました