【考察】北海道コンサドーレ札幌。蘇った天敵〝鹿島アントラーズ〟に0ー4で大敗もキラリと光る個人技!

2021J1リーグ本戦
ブログランキング参加中!クリックお願いします!!(^^)!

こんばんわ!ふわっとひと蹴りです!

今回はJリーグ!対鹿島戦の振り返り

鬼門にして天敵の鹿島が復活。。

まさかまさかの4失点で敗戦しました。

鹿島サポは嬉しかっただろうなぁ~(笑)

https://twitter.com/fuwatto1keri/status/1409099588598779907?s=20

悔しい敗戦ですが、下ばかり向いていても仕方がない。

その中でも特に光った選手を自分なりに考察してみました。

次節が非常に楽しみな理由も。

前節柏戦の振り返りはこちら

【考察】聖地厚別で迎え撃った鬼門大分。2ゴールを振り返る~著しい進化が見えた金子選手~

新着記事

【北海道コンサドーレ札幌、考察】興梠選手獲得ならず。改めて補強は必要なのかを考察!
ルヴァンカップトーナメントの対戦表が確定!~北海道コンサドーレ札幌の初戦と2年前との類似点~
Jリーグ、サッカーファンに『Amazon Fire TV /stick (4K・第2世代以降)』を進める3つの理由
【考察】北海道コンサドーレ札幌ーベガルタ仙台。悔しすぎる引き分け。スーパーゴールがなぜ反則だったのかについても振り返る。
北海道コンサドーレ札幌で大活躍の青木選手!!『神セーブに鮮烈なゴール』凄さに迫ってみた!

完成された鹿島に完敗。。

映像はDAZNもしくは公式YOUTUBEで!

DAZNはこちらから登録できます!

DAZN

ほとんどの方は登録されているかなと思うので、改めて掲載だけしておきます()

スタメンは前節から変わりなし。

勝っている時は戦術をあまりいじらないのはセオリーでもあるので、納得の陣形です。

個人的に凄く好きな選手だらけなので、すごく好きな陣形ですね。

(札幌の選手はみんな好きなので、誰がでてもこの一文を使うと思います(笑))

まさかまさかの0-4

もう。何をしたって止まらない。

そんな鹿島が相手でした。

プレスと自陣に篭って、ブロックを引く。

堅実な鹿島。

札幌が元来苦手としていた形の鹿島が蘇ってきてしまいました。

しっかりと引かれてしまうと、それを打破できないのが今の札幌の弱点ですよね。

それが、露呈してしまったと思います。

チームでここまで押されてしまうと、何もかもが通用しなかったように感じるかもですが。

こういう試合こそ。

個人能力に秀でた選手が目立つ展開が多くなりますよね。

収穫点も0ではない。

確実に次につながるプラス材料はありました。

序盤〜荒野選手のポストプレーが光る〜

https://twitter.com/fuwatto1keri/status/1409083447952306178?s=20

試合序盤は札幌の流れだったと思います。

荒野選手にボールが収まると、金子、チャナティップの両シャドーも動き出す。

特に前半2分の動きは理想的な崩しの一つだったように感じます。

チーム全体で高いラインを保って、攻めの姿勢を崩さない。

試合全体を見ても、ボール保持率は札幌。持たされていた印象もあるものの。

攻めの形は作れていたように思います。

これだけやってて、負けたなら。力負けとしか言えないかな〜とも思いますね。

悔しいですけど。。。

 

ブログサイトを始める際に必要となるドメインサイト!

当ブログでも使用させていただいております。

独自ドメインだからこその強さがあります。

本当は教えたくはない!国内最安のドメインを販売されています。

日本サッカーを盛り上げる思いで、同じJサポ、サッカー好きのブログが多くなればいいなと!

試しに見てみてはいかがでしょうか?

ナイスプレイヤー~光すぎて眩しい!!~

金子拓郎選手のドリブルが止まらない

【考察】金子拓ロッベン!とは?今のうちに知っておきたい「アリエン・ロッべン氏」との類似点!
こんにちは! ふわっとひと蹴りです! 今回はネット上で話題となっている対清水戦。 2点目のシーン。金子選手のスーパーゴールから。金子拓ロッベンを考察します。 調べれば調べるほど。。確かに似ている。。 あくまでも...

この試合を振り返る中で欠かせない選手こそ!

そう!

金子選手ですよね!!

Jリーグトップのドリブル成功率がこの日もさく裂しました。

 

中央でもサイドでも戦える。

特に右サイドにポジションが変わると、得意の懐深い切り替えしで鹿島のSBをきりきり舞いに。

簡単そうに次々と抜き去っていましたよね。

でも案外その簡単そうに見えるプレーこそ技術が詰まっていたりします。

上体と視線を使った上で、一歩二歩で最高速度に達することができる瞬発力を生かした切り返し。

こんなの真ん前でされたら。

『消えた!?』

くらいの感覚になるのではないかなと。

前節に右足で残したインパクトがあるだけに余計に脳裏をよぎる『右足でのプレー』

ますます止めるのが難しい選手になってきたように思いますね。

何度も書いていますが。。

前橋育英高時代にはクロス精度の高さを評価されていた記憶があります。

クロスの精度もぴか一。ゴールもアシストも奪えるだけの選手なので、ここから更にやってくれるのではないかなと感じます。

青木亮太選手のアイデア

札幌に加入!「期待の戦力」青木亮太選手を紹介!
すごく楽しみな選手である一人が青木亮太選手ではないでしょうか。名古屋が期待していた技術あふれるドリブラー! 2018年ごろには代表招集を待望されるほどの存在感を示してこのような記事も書かれていたほどの選手です。 年齢もま...

右が金子の制空権が出来上がりつつあるなら。

左は青木選手のエリアに。

攻撃時のアイデアが飛んでもなく豊富で、この試合でもなかなか惜しいシュートを打っていましたよね。

アイデアがある選手は

守備目線で見ると、止めるのは中々難しい。

シュート、パス、ドリブルと引き出しが多いからこそ豊富なアイデアが次々と実行できますよね。

ここ最近の青木選手は

表情を見ていても

自信ありげにプレーしているように思います。

スーパーゴラッソがあったからこその自信なのかも知れませんね。

そもそもの札幌は

挑戦するのをポジティブに捉えるファン、サポーター層が多いはずだと思っています。

また、隣にいるシャドーがチャナティップ選手であるのも大きい。

どちらかというと

ゲームメークやアシストがうまいチャナティップ選手と突撃できる技巧派の青木選手の相性も良い!

右と左がそろいだしているので。

ここを生かせるようになってくると、

もう止められないチームになってくる可能性が一番高いのではないかなと思っています。

次節の予想〜壮絶な殴り合いになりそう〜

北海道コンサドーレ札幌の第13節徳島戦!2ゴールを自分なりに考察!
こんにちは! ふわっとひと蹴りです! 中々更新できなくてすみません。今回はJ1リーグ13節徳島─札幌の試合で奪った2点を独自目戦でプレーバック! ここすごくない!?と思う点を挙げてみました! 皆様はどのシーンにしびれ...

次節は四国の雄

『徳島ヴォルティス』との対戦です。

徳島は今回の鹿島とは違い。

ボールポゼッションを高めながら戦ってくるチーム。

自陣に引きこもるようなチームではありません。

徳島はJ1定着。上位進出のヴィジョンをもっているチームであることが間違いないので。

攻撃手段を模索しながら戦ってきます。

油断は決してできない相手になります。

個人能力では札幌が上手でありますが、それを上回るJ2からのたたき上げのプライドがあります。

札幌にとっても鹿島戦で負けている以上。

連敗は死に物狂いになってでも止めたい!

矛と矛がぶつかる。

壮絶な攻撃が繰り広げられるサッカーファン必見の一戦になると予想します。

コメント

  1. […] 【考察】北海道コンサドーレ札幌。蘇った天敵〝鹿島アントラーズ〟に0ー4で大敗もキラリと光る個人技! […]

タイトルとURLをコピーしました