対鹿島アントラーズ!勝利のカギは決定力!

Jリーグ
ブログランキング参加中!クリックお願いします!!(^^)!

何を当たり前のことをいうなと言われそうなタイトルですが。

当たり前のことをいうつもりはありません。ここ数試合の鹿島は試合巧者ぶりが復活。

球際の強さやポジショニングの判断、ストライカー「エヴェラルド」の台頭など、強い鹿島が戻ってきた印象です。

ですが、付け入る隙が全く無い訳ではありません。

前節。前前節を見た中で自分の目に見えた鹿島の隙を紹介します!

サポーターにとって欠かせないものが宿の確保!

アウェー席の開放もまもなくのようなので、この機会に一気に動く人たちも多いのではないでしょうか!

そんなあなたにお勧めなのが、じゃらんnet

いまだけGOTOTRAVEL35%引きです!(2020年10月1日現在)サクッと宿をとってみてはいかかでしょうか!

ここまでお得なのは今だけ!!普段は止まれない夜景が綺麗なホテル、高層ホテルなどもお安く泊まれるチャンスです!

この機会を逃すことなくお得に泊まりましょう

さらに!さらに!じゃらん様は北海道コンサドーレ札幌のクラブパートナーです!

ぜひぜひご活用ください!

【サガン鳥栖×鹿島アントラーズ|ハイライト】明治安田生命J1リーグ 第22節 | 2020シーズン|Jリーグ

好調の鹿島アントラーズ。好調の要因はエヴェラルド!

なんといっても強い鹿島には必ずと言っていいほど、最強のストライカーが存在します。

前回、札幌が勝利した際にはまだまだ新監督の戦術に不慣れだったのと、これまで鹿島の中心であったブラジル人選手がいなくなるなど、鹿島にとって最悪ともいえる状態での試合でした。

ですが、ここ数試合の鹿島を見ると、球際が強く、どこまでも食らいつく。適切なポジショニングに加え、精神的な安定感も見て取れますね。

その要因はFWエヴェラウドなのではないかなと思われます。

前前節、前節でもハイライトで取り上げらえるほどのチャンスに絡んでいます。

どれもこれもが決定機で、全てを枠に飛ばせていれば、今頃は得点王でしょう。

正直なところ、柏のオルンガよりも恐怖を感じます。絶妙なタイミングで姿を消すタイプの純粋なストライカーであるため、DFにとってはマークでとらえ続けるのは至難の業ですね。

彼を止めなければ札幌の勝利はない!といっても過言ではありません!

試合巧者な鹿島が相手だと、チャンスをしっかりと決めていかないと、あっという間に主導権を握られてしまう可能性が高いですね。

そのため、タイトルに入れた決定力は重要です!

鹿島の弱点① 連動した攻撃にもろい。

勝利が続き、いい状態だからこそ陥りやすい弱点かもしれません。鹿島もどちらかというとマンマークを取っているように見えます。

ゾーンを守るというよりは人を見るような守備の時間が長いのかなと。

そのため、連動した裏取りや俗に言う3人目の動きが重要になります。

そうなると、高度な駆け引きが必要になり。適切なポジショニングが取れた上で、なおかつ攻撃的な脅威になりえる選手が重要かなと。

そうなると、FWジェイボスロイド選手、MF金子拓郎選手のような攻撃的な意識が高く。簡単にボールを下げない。ある程度仕掛けるぞ!という意識を見せられる選手の動きが重要になりそうです。

また、セットプレーも弱点のようです。そうなると、ますますFWジェイボスロイド選手の存在は重要になりそうです。

鹿島の弱点② 両SBが超攻撃的!サイドの裏を取りやすい。

これももしかすると鹿島の伝統的な弱点かもしれません。

鹿島のSBはどちらかというと、守備より攻撃的です。これは近代サッカーにおける大半のチームが当てはまることにはなりますが、鹿島にはブラジルの血が入っているからなのでしょうか。鹿島はよりその傾向が顕著に見えます。

ここを突くとなると、菅選手や白井選手のようなスピードである程度どうにでもできてしまう選手がより必要になるかもしれません。

いつもは輝きを放つMFルーカス・フェルナンデス選手にとっては鬼門になりえます。ブラジル独特のリズムがある選手で日本人は対応し辛いドリブル突破を見せてくれる選手なのですが、鹿島は日本にあって、ブラジルのチームのようなクラブ。リズムが通用するのか心配です。

どこまでルーカス選手のサイド突破が通用するか。真価が問われる一戦かもしれません。

また、鹿島は相手の弱点を突くのが非常に上手です。守備ではマンマークを大事にしつつも、ゾーンもしっかり守る教科書通りの守備が有効かもしれませんね!

 

コメント

  1. […] 対鹿島アントラーズ!勝利のカギは決定力! […]

タイトルとURLをコピーしました