中村憲剛選手の引退で士気高揚の川崎F戦。ポイントはビルドアップ

Jリーグ
ブログランキング参加中!クリックお願いします!!(^^)!

中村憲剛選手が引退発表しての最初の対戦になった北海道コンサドーレ札幌。

ただでさえ、Jリーグトップを独走中のチームですが、さらに士気が上がってしまいました!

ここでは川崎F─札幌の試合の注目ポイントを札幌側で見ていこうと思います

※前回の振り返りはこちら!

【北海道コンサドーレ札幌×川崎フロンターレ|ハイライト】明治安田生命J1リーグ 第10節 | 2020シーズン|Jリーグ

サポーターにとって欠かせないものが宿の確保!

アウェー席の開放もまもなくのようなので、この機会に一気に動く人たちも多いのではないでしょうか!

そんなあなたにお勧めなのが、じゃらんnet

いまだけGOTOTRAVEL35%引きです!(2020年10月1日現在)サクッと宿をとってみてはいかかでしょうか!

ここまでお得なのは今だけ!!普段は止まれない夜景が綺麗なホテル、高層ホテルなどもお安く泊まれるチャンスです!

この機会を逃すことなくお得に泊まりましょう

ポイントはビルドアップ

札幌が川崎を苦手とする理由の一つがビルドアップを妨害してくる川崎のハイプレス。

今季は攻撃力に目が行きがちですが、連携の取れたショートカウンターが光ります。どのように後方から組み立てていくのかがカギになります。

3バックからの移り替わり、攻撃のスイッチの入れ方が注目点になりそうですね!

DAZN

仕事や用事で外出中でも楽しみな試合が見られる。それも一か月間無料!!

夢のようなサイトこそがDAZN!!

試合中のCMもありません、ストレスなく試合に没頭できます!!スポーツ好きには欠かせないツールです!

無料期間でもサービス充実!!明治安田生命J1~3リーグ、プロ野球、海外サッカーと幅広いスポーツをみることができます!!ここまでスポーツに特化しているサービスはございません!!

今なら1か月間無料で視聴可能。期間内に解約すると、もちろんお金は一銭もかかりません。0円で試合が見れちゃいます!!

この機会を見逃さずスポーツに酔いしれましょう!!

ハイプレスを仕掛ける川崎Fを止められるか。

ハイプレスをかわす手段は主に2つ。

①流動的な細かいパスでプレスをかわす

②中盤省略のロングボール。

この2つだと、札幌は①を採用するはず。これまでの札幌の形を考えても①で攻めなければポリシーから外れますね。

そのため攻撃時に誰が下がって受けるのか。これまでのように中盤1人の状況では押し込まれる展開が予想されますね。流動的にバックスラインの人数変更などが必要になるのではないでしょうか。

そうなるとカギを握るのは両WB。この2人の

上下動がかなり重要な点になります。ビルドアップ時にどのように川崎のプレスをかわすのかが注目です。

攻略のカギはサイドの攻防!

今季の川崎の攻撃はWGが素晴らしいポジショニングをしているのが目を引きます。

そのため、攻守の激しい攻防のポイントになるのはサイドになりそうですね。サイドで気を引いて、中央との間隙を突く「5レーン」的な戦い方にも要注意です。

WGだけではなく攻撃的なMF2人がタイミングよく飛び出してくるので、どのタイミングで飛び出してくるのか。そして誰がマークを担当してどの程度マークに着けているのかを見るのもおもしろいかもしれません!

『エックスドメイン』は格安のドメイン名取得サービス!!

当サイトでも使用しているXserverさんのドメイン取得サービスになりますね!

.com.netなどの定番ドメインが年額200円から(税抜)取得可能!

通常では定番ドメインはかなりお高めなので、すごくお得です!

DNSレコード編集機能やWhois情報代理公開機能など、ドメインの運用に十分な機能を標準で備えています。

ブログ解説が初めての人も玄人の人もストレスなく使用できるだけのものになっています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました